ヘルスサポートシステムの機能

健康管理スタッフ機能

健康診断

健診結果をデータ管理することで、必要な情報を必要な時に確認し、活用することが可能。
作業負担を削減し、業務の効率化につながります。

 

健診結果

 

  • 様々な医療機関の健診結果を簡単に取込み
  • 過去の健診結果や保健指導の記録、就労情報、ストレスチェック結果などの情報も同じ画面で確認
  • 統一判定基準値を適用した自動判定の実施
  • 労基報告書や健診結果表もラクラク作成

 

 

 

 

 

面談管理

シンプルな入力画面で簡単入力。
面談の種類別に記録・管理することができるため、簡単に集計や報告資料の作成ができます。

 

面談管理2

 

  • 添付機能を利用して面談の記録と一緒にファイル管理
  • 意見書、紹介状の作成
  • 面談種別ごとにラクラク集計(一ヶ月の休職面談数など)
  • 従業員の異動で担当スタッフが変わった場合でも継続管理可能
  • 面談登録時に「オンライン面談」を選択することでZoomと連携可能

 

 

 

 

ストレスチェック

従業員はマイページでストレスチェックを受検。
受検後すぐに結果を見ることができるため、結果票の封入封緘や郵送は不要です。

受検対象者や高ストレス者に対して一括でのメール配信もでき、作業の負荷軽減につながります。

 

ストレスチェック

 

  • 厚生労働省の職業性ストレス簡易調査表(23項目・57項目)、新職業性ストレス簡易調査表(80項目・141項目)に対応
  • 受検対象者、未受検者、面談対象者へ一括メール配信
  • ストレス判定図の出力
  • 実施者、実施事務従事者を加味した権限設定

 

 

 

長時間労働

法で定められた基準時間はもちろん、細かな条件(期間中の平均、合計など)で長時間労働対象者を絞り込んでのフォローが可能。
疲労蓄積度チェックの結果に応じて面談を実施するなど、効率的なアプローチが可能です。

 

長時間労働

 

  • 会社独自の長時間労働対象者の基準を適用した細かな条件を指定しての対象者絞り込み
  • 厚生労働省の公開する労働者の疲労蓄積度診断チェックリストに対応
  • 長時間労働対象者へ一括メール配信

 

 

 

 

アンケート

アンケートを作成して従業員マイページに配信。WEB上で実施可能です。
健診や問診の結果と組み合わせてアンケートを実施できるので、例えば「喫煙者で血圧の高い従業員」に絞って実施するなど、効率的なアンケート調査を行うことができます。

 

アンケート

 

  • 独自アンケートの作成と実施
  • 数クリックで回答一覧をカンタン出力
  • プレゼンティーイズムの測定も可能(※有償オプション)

 

 

 

 

 

 

データ集計・出力

事業場、年代、性別などの様々な切り口で、有所見者や喫煙者など様々なデータ集計が可能。
労基報告書等の各種帳票やExcelデータ出力も可能。分析や報告資料などに活用いただけます。


集計

 

  • 健診結果、面談記録を簡単集計
  • 労基報告書、意見書、紹介状をはじめとする各種帳票の出力
  • 会社報告資料、健康経営チェックリスト作成用データ出力

 

 

 

 

 

従業員管理

所属事業場などの属性管理のほか、タグ機能で配慮が必要な従業員へのフラグ付けも可能。
社員番号の変更や泣き別れたデータの一元化も簡単で、再雇用などで社員番号が変わっても途切れることなく健康情報を管理していくことができます。

 

従業員管理-1

 

  • 所属事業場など、従業員の属性を管理
  • 要配慮従業員へのタグ付けとタグ付けされた対象者の検索
  • 社員番号変更/一元化
  • 重複(泣き別れ)チェック

 

 

 

 

その他

自由に設定したメールテンプレートや、検索・集計条件などをいくつでも登録可能。よく使うテンプレートや条件を保存しておくことで、効率的に業務を行っていただくことができます。
特定健診、特定保健指導にも対応。特殊健診の結果登録や業務歴の管理にも対応しています。

 

その他

 

  • メールテンプレート、抽出条件、集計条件の保存
  • 特定健診の結果管理とXML出力
  • 特定保健指導の管理とXML出力
  • 特殊健診の業務歴、特殊健診の結果管理(詳細はお問合せください)

 

 

 

従業員マイページ

パソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットにも対応
健診結果確認

EU

健診結果を経年で確認することができます。

数値の検査項目は、経年の結果値をグラフ表示することも可能です。

 

 

 

 

 

ストレスチェック

ストレスチェックに回答することができます。

回答後すぐに結果を確認することができ、回答時点のストレス度をすぐに確認いただくことができます。

ストレスプロフィールをPDFで出力することもできます。

アンケート回答

時間と場所を選ばず、いつでもアンケートに回答することができます。

メッセージ

ヘルスサポートシステム内でスタッフとメッセージのやり取りができます。

産業保健スタッフと従業員とのコミュニケーションツールとしてご活用いただくことができます。

機能一覧

健康診断

健診結果登録健診結果データのレイアウトによらず、簡単に健診データを登録することができます。また、手入力によるデータ登録にも対応しています。
統一基準値の適用医師の監修を受けた基準値または会社独自の基準値を、法定項目/法定外項目に関わらず適用することができます。医療機関によって異なる判定基準を統一の判定に置き換えることができるため、全従業員に同じ基準で事後措置を行うことができます。
就業判定一括で就業判定を行うことができるので、任意の基準に該当する方を一律「通常勤務可」とするなど、効率よく判定作業を行っていただくことができます。また、面談対象者にフラグ付けを行うことができ、対象者に一括メール案内を行うこともできます。
個別判定/一括判定ひとりひとり個別に健診結果を確認できるほか、一括での判定にも対応しています。結果の悪い方はひとりずつ確認、良い方は一括で判定を行うなど、限られたリソースを重要なところに割いていただくことができます。
健康管理台帳出力1ページに最大5歴分の健診結果が印字される帳票をPDFで出力することができます。ヘルスサポートシステムを利用するスタッフがいない事業場で健診結果を保管する場合や、紙の結果が必要な場合などにご活用いただけます。
労基報告書の作成健診結果やストレスチェックの労基報告書(様式第6号「定期健康診断結果報告書」、様式第6号の2「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」)を作成することができます。複数の事業場をまとめてひとつの報告事業場として集計することもできます。

面談管理

面談内容の記録面談内容を、例えば「健診事後措置」や「ストレスチェック」などのカテゴリーごとに分けて記録でき、必要に応じて記録票として出力することもできるほか、過去の記録も簡単に確認することができます。また、メールによる指導記録も保存されます。
面談勧奨健診事後措置面談や長時間労働による面談対象者などに対して、面談案内メールを一斉配信することができます。メールテンプレートもいくつでも自由に作成することができ、毎回メールを作成する手間なく簡単に面談勧奨を行うことができます。また、任意の面談対象条件を保存しておくことによっていつでも対象者を抽出可能です。
意見書・紹介状の作成意見書、紹介状を作成し、面談の記録とセットで管理することができます。意見書は措置期間で抽出することができるので、もうすぐ措置期間が終了する方などを抽出して面談勧奨につなげることができます。厚生労働省の公開する「長時間労働者、高ストレス者の面接指導に関する報告書・意見書」にも標準対応しています。
権限設定面談内容のカテゴリーごとにアクセス権限を設定することができるため、例えば、ストレスチェックや長時間労働の面談記録を特定のスタッフのみが閲覧できるようにする、といった設定が可能です。

ストレスチェック

ストレスチェック受検厚生労働省の職業性ストレス簡易調査票(23項目・57項目)や、新職業性ストレス簡易調査票(80項目・141項目)を実施することができます。
高ストレス判定厚生労働省の判定基準に従って高ストレス判定を行うことができます。
受検勧奨指定する日に未受検者に対して受検勧奨メールを自動配信することができるほか、任意のタイミングでいつでも何度でも受検勧奨が可能です。
ストレス判定図厚生労働省の仕様に基づいた「ストレス判定図」を出力することができます。事業場などの所属情報や役職など、従業員の属性ごとに出力できるため、様々な切り口で職場分析に活用いただけます。
結果票出力ストレスチェックの個人結果票をPDFで出力することができます。また、新職業性ストレス簡易調査表を実施した場合、厚生労働省の仕様に基づいた「いきいきプロフィール」を出力することができます。
権限設定実施者、実施事務従事者のそれぞれの閲覧可能範囲で権限設定を行うことができます。

長時間労働

就労情報管理時間外労働時間や深夜労働時間などの時間項目と、休職日数や欠勤日数などの日数項目をそれぞれ最大5項目ずつ管理することができます。
対象者への通知会社の指定する条件に合致した長時間労働対象者に対し、一括メール配信で従業員に自身の労働時間を通知したり、面談勧奨を行うことができます。
疲労蓄積度チェック厚生労働省の仕様に基づいた「疲労蓄積度チェック」を、対象者の従業員マイページに配信する形で実施することができます。

データ集計・出力

データ集計健診結果や面談結果を事業場、性別、年代別などの様々な条件、切り口で集計することができます。例えば事業場ごとの有所見者数や有所見率などを簡単に集計することができるほか、問診の結果も集計できるため、喫煙率や服薬率の集計なども可能です。
Excelデータ出力健診結果データや面談結果データを自由なレイアウトで出力することができます。出力レイアウトを保存することができるので、定期的に出力するデータは保存したレイアウト情報を呼び出すだけで簡単に出力することができます。

アンケート

アンケートの作成自由な設問や回答タイプ(選択式、フリー入力など)で会社独自のアンケートを作成し、従業員マイページに配信する形で実施することができます。
配信対象者の選定従業員全員への配信はもちろん、「喫煙者だけ」や「BMI25以上の方だけ」、「喫煙者でかつ血圧の高い方だけ」などの条件に合致する従業員に絞ってアンケート配信を行うこともできます。
回答結果一覧出力アンケートの結果を簡単に一覧出力することができ、集計・分析にすぐ活用いただくことができます。

従業員管理

属性管理氏名・性別・生年月日といった基本情報に加え、所属・職種など健診業務やストレスチェックを実施する上で必要な属性情報を管理することができます。
社員番号変更対応従業員データの重複(泣き別れ)チェック機能や社員番号の変更機能、泣き別れてしまったデータの一元化機能があるため、社員番号が変わった場合も安心です。
休職管理休職期間・ステータスに加えて、産業保健スタッフのコメントを記録することができます。
タグ付け例えば継続フォローが必要な特定の従業員に「要フォロー」というタグを作成してつけるなど、任意のタグを付けることができます。タグ単位で対象者を検索することも可能です。
権限設定特定の事業場に所属する従業員のデータのみ閲覧可能とするなど、所属情報に応じて権限設定をすることができます。

その他

特定健診・特定保健指導特定健診結果登録と階層化、特定保健指導の計画作成~実績登録を行うことができます。また特定健診、特定保健指導ともにXMLデータ出力に対応しているため、健康保険組合へのデータ提供も行っていただけます。
特殊健診業務歴管理特殊健診に係る業務歴や取扱物質名を従業員ごとに登録することができます。開始年月日と終了年月日を登録することができるため、現在取扱中の物質を確認することができます。

セキュリティ・バージョンアップ対応

堅牢なデータセンター堅牢でセキュアなデータセンターにて、お客様のデータを24時間365日、管理・運用しています。また、データベースの暗号化や不正侵入検知システムのほか、災害対策として遠隔拠点にバックアップを複製するDR(Disaster Recovery)も導入しています。
二段階認証通常のログインID+パスワードでの認証に、ワンタイムパスワードでの認証を加えた二段階認証を採用しています。
アクセス権限設定ログインするスタッフごとに、特定の健診項目や特定の事業場、特定の面談カテゴリーのみ閲覧可能とするなど、柔軟にアクセス権限を設定することができます。
バージョンアップ法令変更対応はもちろんのこと、OSやソフトウェアのバージョンアップ対応や利用者のご要望を反映した機能改善を適宜実施しています。

こんな悩みがある企業の方はぜひお問い合わせください。

  • 全国各地の医療機関を利用するため健診結果がバラバラ。しかも紙で管理しているため大変。
  • 事後措置の記録や就労情報・ストレスチェックの結果が健診結果とセットで一元管理されていない。
  • 健診結果やストレスチェックの結果、就労情報を踏まえた適切な働きかけをする仕組みがない。
  • パッケージのシステムを導入したが、法令対応など都度改修費用が発生しコストがかかっている。

お問い合わせ