健康は紙からクラウドで管理する時代へ

健康は紙からクラウドで管理する時代へ サムネイル画像

毎年おこなわれている健診結果やストレスチェックデータ、毎日の就労データ、面談予約のスケジュール管理・内容の記録など、さまざまな情報を紙で管理することに時間や労力を使っていませんか?

健診結果などの情報は、本来であれば企業全体の健康管理体制の構築や健康経営推進のために活用するべきデータですが、『活用』以前に、紙での管理に悩んでいる方も多いかもしれません。


ヘルスサポートシステム(HSS)は、従業員の健康管理にかかせない健診データ・就労データ・ストレスチェックデータなど、さまざまな従業員の健康データを一元管理できるクラウドサービスです。紙の管理から解放され、データ活用に一歩踏み出しませんか?


でも、そんなにたくさんの種類のデータをシステムに登録するのは大変そう…と思うかもしれません。しかし!ヘルスサポートシステムならデータ取込みもカンタンです。


例えば健診結果データは、レイアウトや数値の単位が異なる各医療機関からデータを、たった数クリックでヘルスサポートシステム統一レイアウトに変換して登録することができます。


健康診結果データだけではなく、就労データやストレスチェックデータも同じようにカンタンに登録することができるため、それぞれの従業員の働き方や心と身体の健康をラクラク一元管理することができるのです。


他にも、産業医面談や保健指導(面談の記録)の内容を登録することによって紙の面談記録カルテの管理から解放されるのに加え、人事/総務部門スタッフと産業医、産業医と産業保健師など、スタッフ間の情報共有をスムーズに行うことができるようになるといったメリットもあります。


ヘルスサポートシステムで健康管理データの活用を始めてみましょう!
ぜひお気軽にお問い合わせください!

執筆者:カスタマー担当 平山

関連記事