導入事例から見る社内の健康データ活用術!!

導入事例から見る社内の健康データ活用術!! サムネイル画像

目次

    ヘルスサポートシステム(HSS)は、健康診断結果だけでなく、就労データ、保健指導の面談記録、ストレスチェックデータなど従業員の健康情報を全てデータ化して一元管理することができる健康管理システムです。

    従業員の健康情報はとても大切な情報資産。
    コラボヘルスや健康経営の推進など、健康情報をどのように活用していくかということが、今後ますます重要視されてきます。

    社内の健康情報を上手に活用して、従業員の皆さんの健康管理に役立ててみませんか?

    ここからは導入企業様の事例をもとに、
    ヘルスサポートシステム(HSS)を用いた様々なデータの活用術を具体的にご紹介します。

    ✨情報がすべて個人に紐づいているので、突然の連絡にも迅速に対応!
    「面談記録や保健指導の記録についても個人に紐づけて残せるので、とても便利です。社員から突然、相談の電話が入っても、その方の記録を呼び出せるので迅速に対応できます。」(伊藤忠エネクス株式会社様)

    ✨健康経営優良法人の申請書類を効率的に作成可能!
    「当社は、3年連続で健康経営優良法人の認定を受けていますが、毎年、認定を受けるための書類を作成するのは大変な労力です。HSSだと、抽出したい項目を選んで検索すれば結果が出てきますからね。作業はかなり簡単になりました。」(センコーグループホールディングス株式会社様)

    ✨経年変化の視覚化で保健指導にも活用!
    「健診とストレスチェックの結果だけでなく、保健指導の記録や病気による休職の情報を記したカルテまで、ひとつのヘルスプロフィール画面で全て管理できるようになったのは便利ですね。経年変化も視覚的に確認できるので、保健指導をする時にとても役立っています。」(曙ブレーキ工業株式会社様)

    などなど、情報の一元管理で「便利になった」「効率化できた」というご意見をたくさんいただきました。

    🎊産業保健スタッフ間の情報共有がスムーズに
    「面談の記録や意見書もHSSに残せるようになりました。従業員の各種健康情報が一元化され、情報共有が思っていた以上にスムーズになりました。」(株式会社ファンケル様)

    と、データ活用術以外のメリットも実感いただけています。

    詳しい内容についてはこちらのリンクからそれぞれの企業様の事例をご覧ください。

    ヘルスサポートシステム(HSS)に少しでも興味を持っていただけたら、ぜひお問い合わせください!

    紙での健康診断運用を変えたい、
    健康経営を目指しているご担当者さまへ

    ウェルネス・コミュニケーションズでは、健診データをはじめとする社員の健康情報を一元管理することで企業と働く人の健康をサポートする健康管理クラウドシステム「ヘルスサポートシステム」を提供しています。

    企業毎に抱える課題はことなりますが、多くのご担当者さまも「何から始めていいかわからない」というのが現状です。

    800社以上の導入実績のノウハウが詰まった資料を提供しております。ぜひ参考にしていただき、お役立ていただければと思います。

    ヘルスサポートシステムをご検討いただくための情報満載

    「ヘルスサポートシステム」資料プレゼント

    執筆者:カスタマー担当 平山

    関連記事