ストレスチェック標準装備で業務の負荷を軽減!

ストレスチェック標準装備で業務の負荷を軽減! サムネイル画像

労働安全衛生法の改正で、労働者が50人以上いる事業所では、2015年12月から年1回ストレスチェックをすべての従業員に実施することが義務付けられました。

義務化にあたり、急いで導入したものの、従業員への案内や面談、集計、報告書の作成等々・・
業務に負荷がかかり、困っているご担当者様も多いのではないでしょうか。

ヘルスサポートシステム(HSS)では、ストレスチェックの作成・実施をカンタンに行うことができます。

問診票は厚生労働省の職業性ストレス簡易調査表(23項目・57項目)、新職業性ストレス簡易調査表(80項目・141項目)の2種類を標準装備。
また、企業独自の質問項目を追加することも可能です。

ストレスチェックの受検案内はヘルスサポートシステム(HSS)から一括メール配信。
従業員はマイページからストレスチェックを受検し、回答結果もすぐに確認できるので、結果票の郵送は不要です。

ストレスが高い状態と判定された場合に面談を希望するかどうかの確認も、ストレスチェック受検画面で従業員が入力・選択することで把握することができます。

データの集計では、厚生労働省の仕様に基づいた「ストレス判定図」から事業所・所属・役職などで集計ができるため、様々な切り口での職場分析にご活用いただけます。

また、労基署へ提出するストレスチェック結果報告書もカンタンに作成する機能もご用意しており、導入から運用・集計・報告まで、ストレスチェックのすべてをヘルスサポートシステム(HSS)がご提供。
わからないことがあったら、HSSサポートが丁寧にご案内します!

ストレスチェックはヘルスサポートシステム(HSS)をぜひご活用ください!

執筆者:カスタマー担当 平山

関連記事