『要配慮個人情報』の管理は大丈夫ですか?

『要配慮個人情報』の管理は大丈夫ですか? サムネイル画像

ペーパーレス化の取り組みが推奨される中、健康診断やストレスチェックの結果、保健指導面談の内容など、従業員の健康情報は紙で管理している・・・という企業もまだまだ多い現実。

こういった従業員の健康情報は「要配慮個人情報」として適切に管理されることが法律で義務付けられています。

紙での管理の場合、産業医、産業保健スタッフ、人事担当者、それぞれの細かい閲覧権限を設けることは難しく、膨大な紙の保管場所のスペースが必要になるうえ、紛失してしまうといったリスクもあり、不安がいっぱいです!

ヘルスサポートシステム(HSS)では、様々なデータを一元管理することで、システムのスタッフIDごとに閲覧権限や編集権限を細かく設定するなど、「要配慮個人情報」をより適切に取り扱うための至れり尽くせりな機能をご用意しています。

また、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の基本方針のもと、24時間365日、管理・運用している堅牢でセキュアなデータセンターでデータをおあずかり。
データベースの暗号化や不正侵入検知システムの導入、災害対策として遠隔拠点にバックアップを複製するなど、大事なセキュリティ対策も安心・安全です。

「要配慮個人情報」の適切な管理にヘルスサポートシステム(HSS)の導入をぜひご検討ください。

執筆者:カスタマー担当 平山

関連記事