「健康経営優良法人2021」が発表されました!

「健康経営優良法人2021」が発表されました! サムネイル画像

目次

    2021年3月4日に「健康経営優良法人2021」の認定法人が発表されました!

    健康経営優良法人は今年で5回目の認定を迎えた比較的歴史の浅い制度です。
    しかし、回を重ねるごとに認定法人数が急増!

    昨年は大規模法人部門に1,481法人、中小規模法人部門に4,723法人が認定を受けたのですが、
    今年はなんと大規模法人部門に1,801法人(前年比約122% up!)、中小規模法人部門に7,934法人(前年比約168% up!)が認定れています。

    また、今年から「中小規模法人部門」にも上位500の法人のみに付与される「ブライト500」という新たな認定が加わり、今後ますます盛り上がっていくのではないかと思います。
    ※ちなみに弊社もブライト500に認定されました!

    健康経営に取り組みたいと考えていても具体的に何をすればいいのかわからないと、お悩みではありませんか?

    まずは、社内の健康課題に基づいて具体的な目標を設定しましょう。
    これは健康経営優良法人2021の認定要件のひとつにもなっており、組織の健康課題や労働環境の改善に向けたPDCAサイクルの構築を問うものだとされています。

    この目標を設定するには、社内の健康課題をきちんと把握することが重要になってきます。

    ヘルスサポートシステム(HSS)は、健康診断結果、就労情報、保健指導の面談記録、ストレスチェックなどをデータで一元管理しているため、様々な角度から社内の健康課題を調査・分析することが可能です!

    実際に導入されている企業様から
    「健康経営の施策に対しては、HSSの検索機能が便利ですね。」
    と、嬉しいお声もいただいています!
    伊藤忠エネクス様導入事例_ブログカード
    健康経営の取り組みに少しでも興味がありましたら、ぜひお問い合わせください!

    参考:
    経済産業省 健康経営優良法人認定制度
    ※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

    紙での健康診断運用を変えたい、
    健康経営を目指しているご担当者さまへ

    ウェルネス・コミュニケーションズでは、健診データをはじめとする社員の健康情報を一元管理することで企業と働く人の健康をサポートする健康管理クラウドシステム「ヘルスサポートシステム」を提供しています。

    企業毎に抱える課題はことなりますが、多くのご担当者さまも「何から始めていいかわからない」というのが現状です。

    800社以上の導入実績のノウハウが詰まった資料を提供しております。ぜひ参考にしていただき、お役立ていただければと思います。

    ヘルスサポートシステムをご検討いただくための情報満載

    「ヘルスサポートシステム」資料プレゼント

    執筆者:カスタマー担当 平山

    関連記事

    健康経営優良法人を取得しよう!制度概要や認定基準、申請方法を紹介

    健康経営優良法人を取得しよう!制度概要や認定基準、申請方法を紹介

    健康経営とは、従業員の健康管理も企業の経営戦略の一環として行う取り組みのことを指します。自社ホームページなどで健康経営に関する取り組みを紹介する企業も多いですが、客観的な指標が欲しいと思うことはありませんか。本記事では、健康経営に関して国が設けた認定制度である「健康経営優良法人」についてご紹介します。
    健康経営宣言とは?宣言をするメリットや策定方法について解説

    健康経営宣言とは?宣言をするメリットや策定方法について解説

    健康経営宣言とは、従業員の健康維持・増進を目指して企業を挙げて取り組むことを、社内だけでなく社外に向けても示すものです。健康経営宣言が企業にもたらすメリットや、宣言の方法について知らない方もいるでしょう。この記事では、健康経営宣言の概要や宣言によって得られるメリット、策定方法を解説します。
    健康経営優良法人の取得にはメリットが多い!取得方法も詳しく解説

    健康経営優良法人の取得にはメリットが多い!取得方法も詳しく解説

    健康経営を推進していくなら、「健康経営優良法人」の認定を受けるのがおすすめです。健康経営優良法人という名称は聞いたことがあっても、詳しい内容を知らずになんとなく健康経営に取り組もうとしていませんか。今回は、健康経営優良法人を取得するメリットを中心に、認定制度の概要や取得方法について解説します。