就職内定者が提出する健康診断書に必要なことは?

就職内定者が提出する健康診断書に必要なことは?

就職内定者に提出を求める書類の一つに「健康診断書」があります。人事や総務の担当者は、就職内定者から受け取る書類を不備のないようチェックし、労働安全衛生法を遵守しなくてはなりません。本記事では就職内定者が提出すべき健康診断書について、雇入れ時・採用選考時の違い、提出のタイミングやかかるコストをご紹介します。
健康診断の項目一覧|種類と実施時期・診断結果の見方を解説

健康診断の項目一覧|種類と実施時期・診断結果の見方を解説

企業が社員に健康診断を実施することは労働安全衛生法で義務付けられています。今回は健康診断の種類と実施期間、検査項目の詳細などを解説していきますので、検査項目ごとの費用を把握したい場合にお役立てください。健康診断結果のおすすめの保存方法についても述べているので、ぜひ最後までご一読ください。
入社前健康診断の疑問を解決|受診するポイントや企業のフォローとは

入社前健康診断の疑問を解決|受診するポイントや企業のフォローとは

企業はこれから雇う従業員に対して、入社前の健康診断を受けさせる義務があると労働安全衛生法で規定されています。企業の担当者は受診する前後で従業員に案内する内容を把握しておかなければなりません。今回は、担当者に知っておいてほしい、入社前の健康診断のポイントや受診後に会社がすべきフォローについて紹介します。
健康診断は保険適用にならない?費用や適用されるケースを解説

健康診断は保険適用にならない?費用や適用されるケースを解説

従業員への実施が義務付けられた健康診断は、企業にとっても従業員の健康管理のための第一歩と言えます。このように法で定められた健康診断の費用は、保険適用となるのでしょうか。本記事では、健康診断が保険適用とならない理由、保険証を忘れても受診可能かどうか、健康診断が保険適用となるケースなどをご紹介します。
健康診断の結果提出を会社が命じられる?誰が把握できるかもチェック

健康診断の結果提出を会社が命じられる?誰が把握できるかもチェック

健康経営を目指す会社の人事・総務部の方にとって、従業員の健康診断結果を把握するのは重要な業務の一つです。しかし一方で、健康診断結果は会社の誰が把握して良いのか疑問に思うこともあるでしょう。そこで、従業員の健康診断の結果は会社の誰が把握しなくてはならないのか、結果の提出を命じられるのかについてまとめました。
健康診断に消費税はかかる?医療費控除や勘定科目についても解説

健康診断に消費税はかかる?医療費控除や勘定科目についても解説

年に一度行われる会社の健康診断の費用は、多くの場合で会社が負担していることでしょう。人事・総務部の担当者の皆さんが健康診断費用の精算を行うとき、消費税はかかるのかと迷ったことはありませんか。この記事では、健康診断に消費税はかかるのか、医療費控除は適用されるのか、勘定科目はどれになるのかを解説いたします。
健康診断を安く実施するには?料金相場とおすすめ検診施設も解説

健康診断を安く実施するには?料金相場とおすすめ検診施設も解説

健康診断は毎年従業員1人あたりに検査費用が発生するので、企業には大きな負担です。この記事では健康診断の人的コストや賃金の支払いなどについて解説していますので、コストを抑えた健康診断の実施にお役立てください。また、記事の最後では社員の健康情報を効率的かつ低コストで管理するツールについてもご紹介しております。
健康診断の問診票に要注意|従業員が見落としがちな記入ポイント2つ

健康診断の問診票に要注意|従業員が見落としがちな記入ポイント2つ

健康経営を推進していきたい企業にとって、従業員の健康診断結果の内容が正確であることは重要です。正しい健康診断結果を受け取るためには、問診票へ漏れのない既往歴、現病歴の記入が必要になります。この記事では、問診票でとくに注意したい記入ポイントをお伝えし、健康診断後に実施する会社側の対応まで紹介します。
健康診断は従業員の自費?健康診断の種類ごとに支払う対象者を紹介

健康診断は従業員の自費?健康診断の種類ごとに支払う対象者を紹介

はじめて健康診断の実施を任された担当者の中には、健康診断にかかる費用を誰が支払う必要があるのか知らない方も多いでしょう。この記事では健康診断の費用を支払う対象者から法律で義務化されている健康診断の種類、さらに従業員の自費が必要になる健康診断について紹介します。
健康診断の種類にはどんなものがある?項目や規定を詳しく解説

健康診断の種類にはどんなものがある?項目や規定を詳しく解説

従業員に健康診断を受けさせるのは、企業の義務と労働安全衛生法で定められています。しかし、一口に健康診断と言ってもさまざまな種類があり、どれを受けさせれば良いのかわからなくなってしまうこともあります。そこで、本記事では健康診断の種類やその項目、定める法律について詳しく解説します。ぜひチェックしてください。
35歳以上は健康診断の項目が違う?胃カメラやバリウム検査は義務?

35歳以上は健康診断の項目が違う?胃カメラやバリウム検査は義務?

企業が健康経営を推進するにあたり、従業員に健康診断を正しく受けさせることは最初の一歩です。本記事では、35歳以上の従業員に受けさせるべき健康診断の項目をご紹介します。34歳以下との違い、胃カメラやバリウム検査が義務かどうか、生活習慣病予防健診で代替できるかどうかも解説しますので、ぜひ参考にしてください。
健康診断で35歳以上の従業員はバリウム検査を受ける義務がある?

健康診断で35歳以上の従業員はバリウム検査を受ける義務がある?

企業の健康診断で、35歳を境に組み込まれるバリウム検査。従業員の中には、このバリウム検査が嫌で、拒否をする人も少なくありません。しかし、企業で健康診断の手配を担当する方なら、「35歳以上の従業員は、バリウム検査を受ける義務があるのでは」という疑問を持った方も多いのではないでしょうか。